頭皮の状態に合わせた対策が大切

頭皮の状態に合わせた対策が大切

髪の毛の状態で見た目もかわる。スタイルを作るのには、やっぱり髪の毛大切なんですよね。私も昔に比べて大分髪の毛の量とか質感とか変わりましたね。私が通っている美容室は予防美容のお店で色んな情報を教えてくれるので凄い勉強になります。

今現在、育毛効果をうたった商品は沢山でていますがCMでやっているこれらの品は使うつもりはないですね。私はハッキリ言って凄く気になるって程ではないですが、抜け毛が多くなるこの時期は育毛を考えます。でも、気になるからって直ぐに生えるものでも無いので普段から気を付けていきます。髪の毛を生やすのもただ、良い品物を使ってるだけじゃ駄目でやはり頭皮の状態が重要だそうです。

頭皮の状態をスコープで見ると分かりますね。真っ赤な頭皮、皮脂の詰まった毛穴、キメの無い硬い頭皮等。こういった状態だとまず育毛は難しいそうです。理想は水分の入った青白い頭皮、毛穴がスッポリ開き根本も透けて見える、キメが出て柔らかい頭皮が理想で、プラス髪の毛が上に向かって生えていると育毛になるのです。

そういった状態にするにはまず頭を洗うときのお湯の温度。40度以上は言語道断!理想は30度だそうです。因みに私は真夏は水、真冬でも32度位に慣れました。熱いお湯は、水分も奪い頭皮を硬くする。頭皮が硬くなれば新しい毛が出てこれない。でてきてもシャンプーする刺激で抜けやすい。といった感じに関連があるみたいですね。

また、シャンプーは、スルココハク酸とかコハク酸系のシャンプーを使用するようにしています。界面活性剤は重要みたいですね。ただただ、育毛用を気になる様なら使う。それだけでは良くならない。普段は美容室から購入したトニックを使っていた人が出張でトニックがなくなりある育毛トニック買ってを使ってみたら、とたんに肝機能壊したと言った話しも耳にしました。

今は色んな情報をネットからも拾えるし専門家よりも知識のある人も増えている中、私は今通っている予防美容のサロンに出会えて良かったって思います。現在私は、普段からケアをするようにし育毛にも関係あるのでここの美容室からケア商品を購入し使っています。育毛もクセも白髪も全ては頭皮から。

シャンプー、トニック、グロスクリーム等、頭皮の状態を良くする商品最低限のこの3点セットは必須ですね。髪の毛をスコープで見た時、立てば育毛、ねれば脱毛。って聞きました。立ち上がって生えてる髪の毛は育毛で育つ毛で、ねていたらその毛は抜けていくんだそうです。