おすすめしたい2つの健康法

おすすめしたい2つの健康法

色々な健康法がありますが、その中でもすぐ実践できて効果のあるものを紹介したいと思います。

まずは最近少しずつ話題になっている小麦フリーです。小麦フリーとは小麦を使った食材や調味料を食さずに、主に米や穀物を主食として過ごすことです。あまり表沙汰にはされていませんが、小麦に含まれるグルテンという栄養素が身体に悪いことが近年になってわかってきました。

古代から食されてきている小麦ですが、1960年代から品種改良が盛んに行われ、今の完璧な小麦が完成したのですが、品種改良された小麦には原種に含まれなグルテンという栄養素を含むようになりました。このグルテンは腸壁を破壊し、毒素を吸収してしまいます。それによって引き起こされる病気は多数あり、一番の問題が毒素を吸収し、血液が体中に流れ脳に行きつき、脳に破壊的なダメージを与えるとされています。近年、発達障害が急増しているのも関係があると言われています。

小麦を食さないのは簡単かと思われがちですが、今の日本は醤油にも味噌にもほとんどの調味料に小麦が使用されているため、完璧に小麦フリーを行うことは難しいとされています。ですので、簡単なことから始めるには、朝のパンをごはんにしたり麺料理を食べる頻度を少なくしていくことで、健康の一歩が踏み出せると思われます。

知らず知らずの内に小麦アレルギーになっている方も少なくありません。小麦を多く使った料理を食べることによって、下痢や便秘になる方は小麦フリーを行うことによって改善される可能性があります。ネット通販では、小麦を使用していないラーメンやうどん、カレーが販売されていますが、最近ではスーパーでも少しずつ小麦フリーの商品が売られるようになってきました。カレーやビーフシチューなどの小麦フリーの商品が販売されてきていますが、普通の商品と比べると値段が1.5倍くらい高いようです。

小麦フリー以外での健康法でおすすめしたいのが、最近ネットで騒がれている重曹うがいです。重曹うがいとは、水に少量の重曹を加えて口をゆすぐことを言います。重曹うがいを行うことによって、口臭が改善され、歯が白くなり、軽い虫歯程度なら治るとされています。

虫歯が治る原理としては、重曹は弱アルカリ性になるため、酸性の虫歯菌の動きを弱らせることが出来るからです。口臭の原因とされる菌も酸性になるため、舌や歯の菌を弱らせることによって、菌が減少し口臭予防にもなるというわけです。