高血圧とはどんな症状?対策方法は?

高血圧とはどんな症状?対策方法は?

血圧測定


年齢を増すに従ってどうしても病気の数が増えてきます。その病気の中で「サイレントキラー」と呼ばれている病気があります。ご存知の人もいると思いますが「高血圧」のことをそう呼びます。サイレントキラーとは沈黙の殺し屋との意味になります。なぜ高血圧がそう呼ばれているのかというと、高血圧が特定の症状がないため、自分では自覚できずに放置してしまい進行が知らないうちに進んでしまうからです。

高血圧の症状をあげてみると、頭痛やのぼせ、肩こり、動悸、息切れなどがあるのですが、この症状って少し体調が悪い時や風邪などひいたときに起こる症状なので、この症状になったからと言って病院へ受診に行く人は少ないです。その為気づかないうちに徐々に高血圧が進行してしまうのです。

通常の血圧の数値は、収縮期血圧(上の血圧)で140、拡張期血圧(下の血圧)で90です。通常以上の数値が慢性的にでると高血圧になります。ではなぜ高血圧になるとどう身体に悪いのでしょうか?

私達は心臓から血液を身体の隅々まで血管を通して運んでいるのですが、通常の血圧の数値より高いと、血管に負担がかかり、硬くなったり狭くなったりするのです。そして、そのままの状態を放置していると、血管の壁が傷ついてしまう場合もあります。

その結果、動脈硬化・脳卒中や心疾患、あるいは慢性腎臓病などの重大な病気を引き起こしてしまうのです。従ってなるべく早く自分が「高血圧」だということに気づく必要があります。最近では、病院の待合室やスーパーやイオンなどにも、無料で計れる血圧計が置かれているので、それを利用して自分の血圧の数値を確認しておくのをおすすめします。

そして、自分が高血圧だと確認できた時は、早い目に病院で受診する必要があります。病院で高血圧だと診断された場合は、薬を処方され、それと同時に家庭での生活習慣の見直しと食事の改善を指示される場合が多いです。あまり数値の高くない人は、家庭での改善だけを指示される場合もあります。

「高血圧の改善法」

・塩分の摂り過ぎに注意する
塩分を過剰摂取すると濃度を薄めようと血液中の水分が増えます。そうなると、体内を循環する血液量も増えます。その結果血管に負担がかかってしまうのです。

・規則正しい生活と食事を心がける

・適度な運動を行う
急な激しい運動ではなく、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を取り入れましょう。

・ストレスを溜めないようにする
ストレスを感じると血圧は上がってしまうため、ストレスを発散する方法をみつけましょう。
自分の血圧を知ることから始めましょう。