健康でいる為に大切な食生活のポイント

健康でいる為に大切な食生活のポイント

悩む女性


食事は、私達が生きていく上で必要不可欠なものです。ただ空腹を満たせば良いというわけではなく、例えばスナック菓子やカップラーメンばかりの偏った食生活では健康に害を与えてしまいます。食生活が体に与える影響はとても大きいものなので、健康でいる為に食生活はとても重要なことです。

基本的には、まず3食しっかり食べることです。特に朝は1日の原動力となるので、朝食を抜いてしまうと仕事などの能率も落ちて力を発揮出来なくなってしまいます。早食いやながら食いは食べ過ぎるもとになりますし、孤食は偏食やストレスを増大させる原因にもなるので、夕食だけでも家族一緒に食べる習慣を心掛けると良いでしょう。

健康な食生活のポイントとしては、1日30品目を目標にいろいろなものを食べることが大切です。カロリーが満たされても、体に必要な栄養素が欠けてしまって栄養不足では意味がありません。肉類や魚介類、野菜や豆製品などバランス良く摂取していきましょう。

一品料理であっても、副菜としてサラダを足したり具だくさんスープを一緒に食べてみたり、工夫していきましょう。ちなみに近年はカルシウム不足な人が多いので、牛乳や乳製品を1日1回は取り入れていくとか、海藻類にも少量ながらに吸収率が良いカルシウムが含まれているのでオススメです。野菜や海藻類には私達の体に大切なビタミン・ミネラル・食物繊維が含まれているので積極的に摂取していきたい食品ですし、成人病やガンを防ぐ効果もあります。

気を付けたいポイントが、塩分や動物性脂肪の摂りすぎです。塩分の摂りすぎは高血圧を引き起こし、脳卒中や心臓発作のもとにもなってしまうので、基本的には薄味を意識した食生活にしていくと良いでしょう。また、動物性脂肪は血中コレステロールを上昇させる働きがあって、これもまた脳卒中や心臓病などの疾患の原因になります。だからといって食べないのは良くないので、適度に摂取するように心掛けて、肉中心の食事などは避けましょう。