体のツボを刺激して

体のツボを刺激して

私の健康法は、体のツボを刺激することです。どんなに忙しい毎日でも、ふと時間が空くことがあります。そんな時は、体のツボをマッサージするようにしています。

道具は何もいりません。1分でもあれな十分です。病院の待ち時間など、何もすることがないときに便利です。考え事をしているときにもできます。

きっかけは、図書館で借りてきた本でした。自分でもできるツボがたくさん載っていました。体にはたくさんのツボがあります。自分が興味を持ったものだけ、使っています。

体全体に効き目があるのは、手首のツボです。手首にはたくさんのツボが集まっています。一つ一つ押していくのは大変なので、反対側の手で手首を握ります。気持ちが良い程度に優しく握ります。力を加えたり緩めたりすることで、血液の循環が良くなります。体中に流れている血液なので、しばらく続けているうちに血行が良くなり、体がポカポカしてきます。両方の手首をすると効果があります。この部分は、毎日続けていくことが健康につながります。

仕事中に眠くなった時には、指の関節で、鼻の下と唇の上の部分をぐっと押します。すると眠気が飛びます。眠たいということは疲れているので、疲れもほぐされていくように感じます。

パソコンをしすぎて目が疲れた時には、両目の横を同時に押します。目の外側も内側も効果があります。目は傷つけないように、目の周りを触って、気持ちが良いと思った部分をやさしく押していきます。気持ちいと思ったところがツボです。奥にぐっと押すようにすると、目の疲れが取れてきます。パソコンの合間にすると、効果があります。

足つぼマッサージがありますが、手のひらにもいろいろツボがあります。すべての指先にもツボがあります。両手の指先を合わせて、お互いに押すようにすると、一度に刺激することができます。手や指はいろいろなことに使うので、いつも疲れています。マッサージをして休めることも大切です。

お金をかけずにできる健康法です。