糖化を防ぎいつまでも健康に

糖化を防ぎいつまでも健康に

糖化という言葉を聞いたことがありますか?糖化は肌を老化させ、タルミやしわを増やすものです。では、糖化とは一体なんでしょうか?糖化が体に及ぼす怖い影響とその予防策をご紹介します。

私たちの体は皮膚、内臓など多くがたんぱく質でできています。その体のたんぱく質が、過剰な糖質と結びついた時、老化をすすめる物質の糖化生成物を作り出します。

パンケーキでたとえて言うと、材料である小麦粉(糖質)に卵、牛乳(たんぱく質)を混ぜ熱を加えるとこんがり小麦色のパンケーキが出来上がります。これが糖化生成物です。

それと同じ現象が私達の体内でも起こっています。私たちの肌、内臓などのたんぱく質に日々摂取する炭水化物(糖質を多く含む)が体温という熱で暖められ、そして糖化生成物が生成されます。いわば体の”こげ”なのです。

このこげは肌の老化だけでなく,血管内に生じると動脈硬化の原因となりますし、骨に出来ると骨粗しょう症になることも分かっています。この糖化を予防するには炭水化物を減らすことが有効です。炭水化物を減らすことは、血糖値の急上昇を防ぐので糖尿病予防にも効果的です。

日々の食生活で炭水化物を減らすには食べる順番を工夫すると無理なく実践できます。それは、先ず野菜などの繊維質の多いものを食べ、次に肉、魚、卵などのたんぱく質を、そして最後にごはんパン麺類など糖質の多い炭水化物を食べるようにします。

そうすれば最後のごはん類を食べる時にはある程度お腹が満ちているので無駄食いすることはありません。又この食べ方は、先に食物繊維を食べることで腸の中に食物繊維が届いて、最後のごはん類に含まれる糖質の吸収を低下してくれます。

これは糖化を防ぐだけでなくダイエットにも非常に有効です。そして血液内の糖も上がらず、糖尿病予防にもなります。

あと、糖質をとるときの目安として、低GI値の食品を選ぶことも大切です。GI値とはグリセミック・インデックスの略で食品をとり体内で糖になり血糖値があがるスピードを食品別に計測したものです。

日々の食生活で以上のことを実践するだけで、糖化を防ぎ老化を防ぎ、健康を維持できます。