お酢の使い方見直すことから

お酢の使い方見直すことから

健康促進をする方法として、食事の内容を見直すことが大事だと言われていますが、野菜を大量に食べることも大変だし、魚も思うようにレパートリーを増やせません。そこでお勧めしたいのがお酢です。

黒酢やもろみ酢などのサプリメントもあるように、血液をサラサラにする作用があります。高濃度アミノ酸が含まれているので、疲れも取ってくれる、お助けアイテムです。

どこの家庭にもある、食酢を使う食事改善は、揚げ物などの油っぽい料理に、酢をかけてしまうことです。醤油で食べるものなら、醤油に酢を混ぜておくか、ポン酢の利用もいいです。でも、醤油の塩気がなくても、アツアツのうちに酢をかけてしまうと、酸が飛び、気にせず、ちょうどいい加減になります。フライにレモン汁をかけるのと同じです。食べる時に、少し少なめに醤油やソースを付けましょう。

油に酸をかけると、油はサラサラになります。これは、食器洗い用洗剤の用途と同じです。オレンジの皮で、油っぽい食事の痕の食器洗いをすると、洗剤が必要ない程きれいになります。この反応を、食酢で利用するのです。

食事に酢のものなどの献立を出すのは、利用的ですが、毎食するのは大変です。また、酢の物をたくさん食べるのは、とても大変です。普通の食事に、サッとかけられるよう、醤油さしの入れ物に、酢を入れたものを常備しておくと便利です。お弁当は、弁当用醤油さしに、酢を入れたものを用意しておくと、弁当の揚げ物に利用できます。

この方法は、芸能人の中で、ロケ弁を健康に食べられる方法として考えられ、ブームになったことがありました。最初は、酢が気になり、おいしくないと感じるかもしれませんが、少量ずつ付けるだけでいいので、続けられる方法です。レモンの場合、フライにはとてもおいしく食べられるのですが、天ぷらや、炒め物には合わないこともあるので、食酢が一番使いやすいです。

お酢を採る食事法は、血液をサラサラにする、とてもいい方法です。食べ過ぎても、体内に悪い影響はありません。