骨を作る成分はカルシウムだけじゃない

骨を作る成分はカルシウムだけじゃない

骨の人体模型


骨を作る成分は、カルシウムとマグネシウムというのは、多くの方が知っていますが、良質のタンパク質がないと、骨の代謝が促進されないのです。良質のタンパク質とは、牛乳に含まれるものです。骨粗しょう症の方、育ち盛りの子供のサプリメントとして、好評です。

このサプリメントは、学会でも発表され、研究で成果が検証されている物です。まだ、多くの方に知られていませんが、これから世界で注目される商品です。骨密度は、一か月しないうちに高くなるなどの効果があり、医師にびっくりされた、という高齢者が多いようです。子供の骨の成長には、骨になる成分が、追い付かないほどのスピードがあります。その場合にも、この成分は効果があります。成長する際のひざの痛みなどが減少するなどの効果もあります。爪がしっかりして、厚くなった。歯もしみなくなった。という意見も多くあるようです。

骨は代謝します。筋肉よりも、短期間でサイクルされるのが特徴です。骨の成分が古くなってなくなっていくよりも多く、骨が作られるように代謝を促すことができます。骨が作られるようになることで、安心して生活できるようになることは、嬉しいことです。

実際に、女性の骨密度は、閉経後に減少が激しく、このようなサプリメントの力で、少しでも補うことができれば、現代の骨粗しょう症の増加は、防げるのではないかと思います。骨がしっかりしていると、在宅での介護になった場合も、介護しやすいなどが言われています。歩くことが生活の基本です。自分の足で立つことができるだけで、介護してくれる方の負担は大きく減少します。

骨粗しょう症は、ひどくなるとちょっとした拍子に骨折して、車いすの生活になる方もいます。孫を抱いたとたんに、動けなくなった。また、くしゃみしたとたんに、ボキッと首の骨が折れた。など、怖い症状につながってしまう症状です。みんながかかる病気のようなものと考えず、復活させるように対処することが大切です。