冬に流行するインフルエンザについて

冬に流行するインフルエンザについて

ウイルス・ばい菌


例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人といわれています。そんなインフルエンザについて聞かれた時に、周りに感染するから登校、出勤してはいけないとか、高熱が出て苦しいくらいのイメージしか思いつかない人も多いと思います。

インフルエンザが原因で死亡する方もいますし、インフルエンザによる合併症を発症するリスクもあります。とくに高齢の方や小さなお子さまは危険です。だからといって家から出ないわけにもいきませんし、侮ってはいけないけど怯え過ぎても良くありません。ここでインフルエンザの症状と予防方法を見直して健康に過ごしましょう。

まず体調を崩した時に風邪を疑う方は少なくないと思います。その時にもしかしたらインフルエンザかもと思う事もあると思いますので、風邪とインフルエンザの違いについて説明します。わかりやすいのは発症時期です。風邪は一年を通して発症しますが、インフルエンザは冬に流行します。

だからといって、冬以外にならないわけではないので目安にしてください。症状の進行については、風邪が緩やかに進行するのに対して、インフルエンザは急激に進行します。発熱については個人差が出ますが、風邪は37〜38度で基本的には微熱の方が多いのに対して、インフルエンザは38度以上になります。私の会社では、冬季に37度以上の場合はインフルエンザを疑うように言われていたので、急な発熱は周りに移さないよう配慮して行動した方が良いでしょう。

主な症状は、風邪の場合、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、喉の痛みなどで、インフルエンザの場合は、倦怠感、食欲不振、せき、のどの痛み、鼻水、関節痛、筋肉痛、頭痛などになります。インフルエンザの症状は風邪の場合でも出るものなので、非常にわかりにくいです。次は最初に話した合併症について説明します。高齢の方や小さなお子さまだけではなく、妊婦さん、心疾患、糖尿病、呼吸器疾患、腎機能障害、ステロイド内服などによる免疫機能不全など、合併症のリスクが高い方は様々です。

起こる可能性が高い合併症は、肺炎、急性脳症およびライ症候群、心合併症、中耳炎、副鼻腔炎、結膜炎、心筋炎などです。どれも注意は必要ですが、とくにライ症候群が小児で注目されています。5歳以下に多く、死亡率が高いので早期発見、治療が重要になります。

インフルエンザにかかったら、治った後もしばらくは細心の注意をはらってお子さまの体調管理をしましょう。かからない事が一番大切なので予防方法について確認します。定番はうがい、手洗い、マスク着用です。基本中の基本ですが、心がける事で誰にでも簡単に出来る予防方法です。またマスク着用はウイルスが他人から移るのを防ぐだけではなく、もし万が一自分が移す側になっていた時に周りに拡散する事も防いでくれます。潜伏期間は一般的に1〜2日で最長3日といわれています。

次に重要なのは部屋の空気です。ウイルスが蔓延しないよう空気の入れ替えを行います。乾燥するとウイルスは増えやすくなるので、湿度は50〜60%くらいに保つようにしましょう。暖房を入れると乾燥するので注意ですね。最後は予防接種です。毎年変化を続けるウイルスに対して、その年に流行るウイルスを予想し予防接種を行っていますので、インフルエンザにかかる可能性をかなり低下させる事ができます。

しかし、予防接種をしていても完璧というわけにはいきません。実際、私の知り合いも毎年予防接種をしていますが、インフルエンザにかかってしまった事があります。では気をつけていてもかかってしまった場合はどうすればいいのでしょう。それは早めの受診です。

発症して48時間以内に受診すれば、医師から抗ウイルス薬を処方してもらえるので、それを服用する事でウイルス増殖を抑える事が出来るのです。そしてとにかく絶対安静です。基本的には風邪と同じで汗をかいたら着替えて、こまめな水分補給をし、湿度を50〜60%に保つように気をつけて休みましょう。

とくに注意するのは、市販の解熱剤や風邪薬です。勝手に服用すると、急性脳症やライ症候群を併発するリスクが高まるので危険です。とにかく、インフルエンザの疑いが高い場合は、病院に行くのが大切という事です。もし違えば良かったと安心できますし、インフルエンザかもしれないと悩む事もなくなります。しっかり見直して健康ライフを過ごしましょう。