睡眠で育毛しよう

睡眠で育毛しよう

睡眠を取ると成長ホルモンが分泌され、身体の成長が促されます。育毛にも結びつくホルモンです。眠り始めてから1時間後に成長ホルモンの分泌量がピークを迎えるため、睡眠に備えてしっかりと髪の栄養を準備することが必要となります。寝る前に栄養を摂取しておかなければならないため、睡眠の3時間前には食事を済ませておきます。

タンパク質、亜鉛、ビタミンをしっかりと摂り、寝るまでに胃を動かすことが重要です。髪はケラチンというタンパク質からできており、髪の毛を育てるためにはタンパク質の摂取は欠かすことができません。タンパク質が含まれているものに大豆製品が挙げられます。大豆にはホルモンバランスを整える性質があるため、抜け毛を少なくすることができます。

ビタミンはタンパク質の効果を高めるため、タンパク質と一緒に摂取することが必要です。亜鉛は脱毛の原因である男性ホルモンを抑える働きがあり、ケラチンは亜鉛がないと合成することができないため育毛には必要な栄養です。タンパク質の消化は時間がかかるため食べてすぐに寝ることは避けます。胃に食品が残ったまま寝ると胃や肝臓が休むことができないため、育毛には悪影響です。タンパク質を摂っていないからと言ってすぐに寝ることはだめです。

睡眠中は胃の働きが低下してしまうので、胃もたれや消化不良になってしまいます。栄養吸収率も下がってしまい、本来なら休んでいるはずの胃や肝臓を酷使してしまうことになるので育毛には悪い習慣です。さらに晩御飯を抜いたり空腹の状態で寝ることは髪にダメージが掛かる生活習慣なので気をつける必要があります。

空腹で寝ることは健康な髪質の人でもダメージがかかってしまうことなので気をつけるべきことです。どうしても食べられない時はサプリでタンパク質やミネラル、ビタミンを補うと良いです。睡眠の本来の目的である修復と成長が疎かになってしまうため、しっかりと食事をとり、時間をあけて睡眠することが大切となります。食事はバランス良く、良くかんでゆっくりと摂ることで吸収率が高くなります。