薄毛は遺伝のせいなのか?

薄毛は遺伝のせいなのか?

ストレス


薄毛についてお悩みの方、遺伝だけのせいではありません。最近は女性の方も薄毛に悩む人が増えてきているのが現状です。

最近は女性も男性並み、或いはそれ以上に長時間働く人が増え、ストレスや活性酸素に、さらされることが多くなってきました。では何故、女性の薄毛が多くなってきてるのでしょうか?

それは。男性ホルモンの影響です。睡眠時間が短くなったり、ストレスでホルモンバランスが崩れるのが原因だと言われています。酷いとヒゲや濃いスネ毛が生えてくるなんて報告もあります。

まず、ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活を送ることです。そうと、言えども中々、長時間働く人たちにとっては難しいことですよね。

良質な女性ホルモンを増やすには、大豆や豆乳、納豆などがお勧めです。肌にも良いですし、良質なタンパク質を作ります。頭皮の負担を少なくすることも考えましょう。

エクステやカラーリング、パーマなどは、頭皮に多大な負担をかけます。また、シャンプーのし過ぎも逆効果です。ゴシゴシこすり過ぎると頭皮を傷つけ必要な油分までも奪ってしまいます。シャンプーは手の平で泡立て優しく指の腹で円を描くようにしましょう。

また、ポニーテールなど、ギュッと強く結い過ぎたりしても頭皮に負担がかかるので、分け目を変えたりヘアスタイルを変えたりして、頭皮の負担を少なくしましょう。

めんどくさいからと言って乾かさずに寝たりするのもよくないです。少し離した位置から、頭皮を乾かすイメージで、優しく優しく乾かしましょう。

後は、良質な睡眠をとることも大切です。睡眠は寝ている時間の長さではなく、質なんです。長く眠れても睡眠が浅ければ疲れは取れません。ではどうやって深く眠るのか…まず身体を温めて、深く深呼吸をしましょう。眠りが浅く困っている場合は、医師に相談することも大切です。

ただの寝不足だと思っていたのが睡眠障害だったというのはよくある話です。質の良い睡眠は健やかな髪を育てます。まずはストレスを無くすことから始めましょう。