健康な食生活で病気を予防

健康な食生活で病気を予防

聴診器


◆はじめに
「健康」という言葉は、至る所で聞かれる言葉になります。健康を目指すためには、日常生活に一工夫が必要になります。運動を取り入れたり、食べ物に気を付けたり…。工夫次第で、健康な生活になることは間違いなしです。

◆健康な毎日を送るために…(食生活に気を付ける)
1)食事は何故、大切なのか?
私たち人間の体は、食べた物でできており、生きてゆくためには様々な栄養素が必要になります。健康に生活をしてゆくために、必要な栄養素をバランスよく1日3回の食事から摂らなくてはなりません。

2)健康を目指す、バランスの良い食事について。
バランスの良い食事とは、人間の身体に必要な全ての栄養素を含んだ食事のことを言います。つまり、野菜やお肉、魚などをバランスよく摂取することになります。また、カルシウムなどを含む乳製品や牛乳の摂取も不可欠となります。

3)毎日、規則正しく、同じ時間に食べると健康に良いそうです。
食事を食べる時間は決まっていますか?規則正しい時間に食べ物を食べると健康に良いです。しかし、仕事や家事に追われている方には難しいかもしれません。そのような場合、時間を統一すると良いです。

4)毎日3食の食事を食べることが大切になります。
食事を1食でも摂らないでいると、必要な栄養素が身体に摂取できなくなってしまいます。また、不規則に食事をすると、食べ過ぎてしまうこともあり、肥満体型になりかねません。そのため、食事は3食摂ることが望ましいです。

5)食べたい時もある間食について…。
成長期の子供や高齢や病気で一度にたくさんの量が食べられない方には、間食はエネルギーを摂るために必要なモノになります。しかし、食べ過ぎたりすると食事に影響してしまうので、間食の量はほどほどにした方がよいです。また、夜食は寝る前は厳禁となります。

◆バランスの取れた食事について…。
栄養のバランスがとれた食事とは。ご飯などの穀物の「主食」を基本に、肉や魚、卵、大豆などのたんぱく質主体のおかず「主菜」、野菜、きのこ、海藻類などの「副菜」、そしてお味噌汁を代表とする「汁物」を組み合わせた和定食が理想となります。1日の必要摂取量を意識して、野菜を多く摂り入れ、バランスをよくすることを心掛けるとよいです。乳製品や牛乳で「カルシウム」の摂取も忘れずに!