健全なる健康

健全なる健康

健康とは、ただ単に健康な体だけでは健康とは言えないものなのです。健康とは、一言では言えないものであり、全て満たされた状態であるときに健康であると言えるのです。それは、「病は気から」っと言う、ことわざにあるように、気が病んでいたら本当に病気になってしまう例が幾つもあります。

それに、お金が無い場合や、きちんと食事が出来ない場合や、住む家が無い場合や、毎日ケンカや揉め事ばかりの日々を過ごしていたり、いつも虐められている場合や、相談できる人や信じられる人が誰も居ない孤独な状態で苦しんでいたのなら、健康とは言えないのです。健康とは、体が元気なことだけが、健康とは言えないものなくて、「気」の部分では、幸福感や、平和感などの精神性な部分が重要です。

そして生活面では、住む家もあり、ガスも電気も通り快適な生活であることが便利にきちんと利用が出来て、疲れを癒し明日への活力となるのです。食べるものも一日一食ではなく二日に1回の食事ではなくて、毎日三食バランス良く食べる事が必要です。仕事もヤリガイが有ってヤル気が出る仕事で、不安定で無い状態であること。それらは全て、安定しているからこそ、元気で居れて、健康であるといえるのです。

何かが欠けていると、胃が痛いとか、ストレスでうつ病になったり、毛が抜けて円形脱毛になったり、気はとても健康に置いて大切な要因であるのです。そして、健康要因の特に重要な安定剤は、お金があることだと思います。お金が無いと、食事もガスも電気も家も無く、交通費も無く、着る服も無く、全く何も出来ない状態になってしまいます。

だから、健全な健康が整うのは、全てがトータルで整った人に対して健康であると言えるのでしょう。しかしお金があったとしても、体が健康で無いと、十二分に利用できませんし、そして体が病気ならば、お金を得る事も出来ません。っだから健康要因の1番の元種の体の健康は最も重要なものだと言えるでしょう。それには一日に摂取する栄養分をキチンと取る食事をする事や、体内で不足になった成分を摂取する事が重要です。